意外とデリケートな面も!屋上緑化に関するワンポイントアドバイス

屋上という環境を十分考慮して

屋上は一見何も遮るもの無く植物にとっても大変良い条件の様にも思えます。実際日照面における心配は殆ど無いのですが、その分穏やかな晴天時でも風は強く、またそれゆえ乾燥し易いといった特徴を持っているものです。屋上緑化を図る植物はこういったデメリットに留意し管理する事が大事となるでしょう。特にユニットごとに屋上の床面に芝生を敷き詰め管理する際は、表面が強風で飛ばされない様ネットを張る等のストッパーが有効となるでしょう。また強風による表土の乾燥を防ぐ為、自動散水機を設置した方が良いケースもあります。

植物の土台となる土の問題も

屋上緑化に植物が生える土台となるべき土が必要となるのは言うまでも無いでしょう。例えば屋上緑化の目的でポピュラーに利用される芝生の場合、それらが一面に土に植わったユニットを敷き詰める事で初めて利用可能となります。ですが時としてその土が問題となります。風雨に晒されユニットから外に漏れた土が排水と一緒に流れ、建物の排水口周りやパイプ等に詰まってしまう恐れがあるのです。そこで台風等激しい風雨に見舞われる可能性が高い日には屋上の床面全体をシートで覆うといった対策が必要となるケースもあるでしょう。またそういったリスクの少ない専用の土壌に植わったユニットを選ぶ方法もあります。

建物が古ければ水漏れの対策も

築年数がかなり経過した建物の場合、屋上とその下の階を隔てる壁面に経年劣化によるクラックが生じ、水漏れが起き易くなっているケースがあります。その状態で屋上緑化の施工を行った場合、水やりや散水等の水が壁面から浸透し、その下の階へ漏れ出してしまうリスクも高まるでしょう。仮にこうした建物に屋上緑化を施す際は施工前の屋上床面の検査、そして水漏れの恐れがある箇所が見つかった場合には十分な防水処理を施さなくてはなりません。

建物の屋上で樹木などを生育させる屋上緑化は落ち葉の飛散や枝などの落下を防ぐため、安全性を考慮したうえで設備を整えることが大切です。