老犬との過ごし方は?元気に一緒に暮らしていくためにできること

愛犬の年齢が上がってきたら

小さな子犬だった頃から世話をしていると良く分かりますが、一緒に生活しているとその成長を見ていけるだけでもとても微笑ましく嬉しいものです。ですが、人間に比べればかなり年齢が上がっていくのが早いので、あっという間に犬たちは年老いていくのです。自分で年齢をチェックするだけでなく、老犬になってきたのかなと感じられるようなサインを見せ始めたら、生活の仕方も少しずつ変えていって環境を整えていくようにしましょうね。

何歳ぐらいから老犬になるの?

一般的に老犬と呼ばれるようになる年代は、大型犬だと5~6歳ぐらいからとかなり早いです。小型犬や中型件だと7~8歳ぐらいなのでそれほど変わらないと感じるかもしれませんが、飼い主からすればかなりの違いに感じられるでしょう。何となくこれまで見せていた元気出活動的な動き方から、ゆったりとした動作になってきたり、出来ていたことがやりにくそうな感じの動作になっているようだと、もしかすると老化が始まっている表れかもしれませんから、注意してみてあげて下さい。

食事なども変わっていきます

老犬になったなと思ったら、散歩の量なども変わってくるのですが、毎日の食事に関しても注意してあげましょう。若い頃と同じような量や栄養バランスのままだと、運動量や基礎代謝が減っているので太りやすくなってしまいます。どれだけ気をつけていても、愛犬たちは出されたものをしっかりと食べてくれますから、気がついたうちに肥満になっていたというのでは可愛そうです。年齢に応じた食事も考えて、今後の日常も元気に暮らしていけるようにしましょう。

愛犬が年を取った時、預けることができるのが老犬ホームです。夜泣き、徘徊、寝たきりの症状があっても預けることができます。