ペット保険はどうやって選ぶ?契約前に見ておきたいポイント

ペット保険には限度額がある!

ペット保険には限度額という物があり、プランによってこれが変わってくるんです。限度額というのは、一年にいくらまで補償してくれるかという物です。もし限度額が30万円だった場合、入院や通院でそれ以上の費用が掛かってしまった場合でも、30万円しか受け取る事ができません。限度額は選べるようになっていますが、高くなればなる程掛け金も増えてしまいます。自分のペットがどの程度病院に掛かるかを見極めて、適正なプランを選ぶ事がポイントになります。

加入期間を決めておこう!

ペット保険を契約する際、決めておきたいのが加入したい期間です。自分のペットが生後間もない赤ちゃんなのか、高齢なのかで最適なプランも変わってきます。もし赤ちゃんの時期に加入するなら、通院が多くなりがちなので、補償回数が多いプランを選んだ方が良いでしょう。恒例の場合には、年齢制限に引っ掛かって加入できない事もあるので注意してください。これに引っ掛からないように、なるべく早めにペット保険に入っておくというのも大切ですね。

ペット保険には年間の限度日数もある!

ペット保険には、限度額だけでなく限度日数という物もあります。これは、一年間で何日間まで補償が受けられるかという物です。この日数を超えた場合には、補償が受けられなくなってしまうので、こちらもペットによって慎重に検討したい所です。注意が必要なのが、通院や入院で限度日数が変わる場合があるという事です。通院なら20日まで、入院なら30日までなど決められています。ケガや病気が多いようなら、回数制限はなしのプランを選ぶのもおすすめです。

大切なペットがけがをしたり病気になった場合、動物病院での医療費は高額になることがあります。ペット保険は、ペットの医療費を保障してくれます。